2010.07.30(金)
銀座ファンタジックナイトVol.1 レポート

『銀座ファンタジックナイトVol.1レポート♪』

7月26日(月)に行われました『平山みきwithSuperWonderland』に
よる『銀座ファンタジックナイト』が、大盛況にて幕を閉じました!!
そこで今回『SuperWonderland』の上田司(リーダー)竹村忠臣(ドラム)』より公演を終えての感想を頂戴しました。写真と一緒に、是非、ご覧ください♪
ご好評により、早くも次回11月13日(土)』に決定いたしました!
※次回詳細はこちらをクリック


上田司レポート★

チョー!楽しかった!!! hirayamSWLstageyoko.jpg
これが先日行われた平山みきさんとスーパーワンダーランドのコラボライブ『銀座ファンタジックナイトVol.1』の私『上田司』の感想です。平山さんのファンタジックな世界に私はすっかり魅了されました。
代表曲の「真夏の出来事」はもちろん、平山さんと作り上げた「思い出のメイツメドレー」「ザギン(銀座)メドレー」では昭和の歌謡ポップスの数々を平山流に歌ってくれました。
この中で私は「二人の銀座」で平山さんとデュエットさせて頂きました!(バンザーイ!!)
さすが!流石!!満員のお客様も大喜びで一緒に歌ったり手拍子したりで大盛り上がりでした。

みなさん吉報です!『銀座ファンタジックナイトVol.2』が11月13日(土)に決まりました!
今回見逃された皆さん、是非、見に来て下さい!すっごく楽しいですよ!!

スーパーワンダーランド 上田 司

hirayamaSWLonstage.jpg

竹村忠臣レポート★
記念すべき第1回目のライブで感じた事は『1つのバンドになった』という
事でした。

語源の話をすると「band」というのはもともと「bond」から来ているそうで、ボンドとは、工作でつかった木工用ボンドとか、そういう何かをくっつける時に使うボンド。
「bond」には「結びつき」という意味があり、そこに「band」つまり、それらをくくりつける帯(ベルト)の意味をニュアンス的に「bond」に上乗せしたのが「バンド」である。
まさに出演者7人が(もっと言うと関わってくれたスタッフ、会場、お客さん全てが)1つの「バンド」になったのではないだろうか。
それくらい楽しく一体感のあるライブが出来たと自負しております。
もちろん!!次回のライブでは、接着の強度がもっと強くなるようなボンド=バンドになってまた皆様にお会いできたらと思います。

お越し下さった皆様、ありがとうございました!!また、お会いしましょう!!

スーパーワンダーランド 竹村 忠臣

hirayamaSWLsoto.jpg

閉じる